伊東整形外科クリニック
リウマチ性疾患 骨粗鬆症 スポーツ医学 トップページ
整形外科全般 スタッフ紹介 施設内設備 アクセス リハビリ



整形外科全般  〜日本整形外科学会 専門医として〜

  下記の症状をお持ちの方は、すぐにご来院ください



整形外科は、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉など人が快適な生活を送るのに必要な“運動器“を扱う医学分野です。

例えば、腰痛・肩こり・膝関節痛などの日常的によく起こる体の痛み、骨折・脱臼・打撲・切り傷などの外傷、
傷の感染・蜂窩織炎・化膿性関節炎などの感染性疾患、ガングリオン・脂肪腫・骨軟骨腫などの腫瘍性疾患、
痛風・骨粗しょう症・くる病などの代謝性疾患、脊柱管狭窄症・変形性関節症などの加齢に伴う変性疾患が含まれます。

さらに、側弯症・先天性股関節脱臼・ペルテス病・大腿骨頭すべり症などの小児特有の分野も整形外科が担当します。


  当院の治療方針

伊東整形外科クリニックは、大学での勤務を継続させつつ、今までの大学病院での10年以上の経験と共に、
泉ヶ丘駅前にて、乳幼児からご高齢者までのあらゆる年齢層の患者様を診療させて頂きます。

特に、茶山台・三原台・竹城台・宮山台・若松台・槇塚台・晴美台など泉ヶ丘駅周辺にお住いの方々には、
しっかりとした医療の提供が出来る「かかりつけ医」でありたいと考えています。

もちろん、近大堺病院から来て下さる患者様にも同じことが言えます。もし何かあれば直ぐに来てください。




診察では、問診や診察所見・レントゲンや採血・その他の検査機械などを使って診断を行いますが、
その中でレントゲンは状態を把握するのに必須の検査ですし、採血は感染症の診断に大きな役割を果たします。

当院のレントゲンは数秒以内に画像が仕上がり、採血(炎症所見のみ)は5分以内に結果が出ますので、
治療を急がないといけない病気の判断を、瞬時に行うことが可能です。




医療用語は専門的すぎる所があり、難しい言葉が多い現状の中で、大学勤務の時代から心掛けていることですが、
伊東整形外科クリニックでも引き続き、可能な限り分かりやすく、的確な説明を行いたいと考えています。

治療方針の決定の際には、診察の結果を踏まえながら、医学的に考えられる様々な選択肢を提案させて頂きます。
一方でこれまで私自身、全領域の手術を担当して来た中で、手術適応や手術結果の現状を説明することも可能です。

しかし、最終的には押しつけではなく、患者様自らの考えを尊重させて頂きます。
自身の希望をご遠慮なくお伝えください。保険診療ですので制限はありますが、可能な限り対応させて頂きます。




当院では内服薬や外用薬は院外処方となり、発行した処方せんは期日以内であればどこの調剤薬局でも使用可能です。
かかりつけ医と同様、患者様の「かかりつけ薬局」を持つと、多くのアドバイスを受けることができると思います。


  診 断

レントゲン
採血
心電図
ABI(四肢血流検査)
骨密度測定

CT/MRI(連携病院にて撮影を依頼しています)



  薬物治療と物療

内服薬
外用薬
注射(ヒアルロン酸・ブロック注射)
点滴(点滴・栄養補給)
牽引治療器や低周波治療器




  MEDICAL SPORTS

インストラクターとドクターが一体となり、以下のサポートをさせて頂きます。

全身チェック
筋力強化指導
ストレッチ指導
可動域確認
歩行動作の評価
栄養指導
テーピング指導
コンディショニング
松葉杖指導




  リハビリテーション

理学療法士による、動きを伴わない静的なリハビリを行う予定です。
※開始時期について、随時報告させて頂きます。




  装 具

ドクターの指示にて、患者様の状態に応じた各種装具(保険適応)を処方していますが、
毎週金曜日の17:00〜は予約制にて、義肢装具士が対応するオーダーメイドの装具を作成することも出来ます。

さらに、当院では高齢の方からアスリートにも対応する足底板作成(保険適応)を行っています。
一生使うことが出来る上に、様々な靴にも対応出来る少し特殊な足底板です。

足のバランスが悪いと足関節や膝関節・股関節や腰に影響を及ぼし、痛みの原因となることから、
海外では疼痛部位に加えて足の評価を行いますが、日本では痛い部位のみの評価に留まっているのが現状です。

足底板にて骨盤などのバランスが矯正されることで、腰痛や股間痛が緩和され、内服薬の減量が出来る可能性があります。
年齢やスポーツの有無に関わらず、ご希望の方はどうぞお気軽にご相談ください。




  施設内連携・地域連携

手術などで入院治療が必要となる場合、最善のタイミングで信頼できる医療機関を紹介させて頂きます。
その際、ご希望の医療機関宛に紹介状を作成することも可能です。ご遠慮なくお伝えください。

整形外科は高齢者が多く、内科的疾患や泌尿器的疾患を抱えた方も多くいらっしゃいます。

泉ヶ丘施設には、パンジョ西館にある婦人科・内科・眼科・歯科、皮膚科や泌尿器科がありますので、
総合的に患者様の健康のバックアップが出来れば幸いです。







リウマチ性疾患 骨粗鬆症 スポーツ医学 トップページ
整形外科全般 スタッフ紹介 施設内設備 アクセス リハビリ



Copyright (C) 2017 伊東整形外科クリニック. All Rights Reserved